脱・残念な大人(おばさん化)は可能か

とあるミーハー気質な四十路女のつぶやきです

【ネタバレ】進撃の巨人115話「支え」

別マガで連載中の「進撃の巨人」の超個人的な感想です。長文です。

現段階での原作最新話のネタバレしか書いておりません。

ご理解のほどよろしくお願いいたします。 

 

 

 4月号

f:id:komamet:20190311174452j:image

別冊少年マガジン | 最新号を読もう

 

 

 

 

115話はやっと各所で話が動き出したと実感できた。

 

 

今月も迂闊にも早バレを踏んでしまい、数日間絶望に打ちひしがれてからの本誌読破コースだった。

今は落ち着いてきたけど、早バレのあの画像を見た直後はかなりショックで!

あの画像を思い出しては涙にくれるといった状態で、ジークのあれやこれやエレンの動向やらすべてが心底どうでもよくなってしまう程だった。

今はそんなことありません。

 

 

こんなにも漫画のキャラの生死に心揺さぶられるとは。

 

ネタバレです。

 

 

 

 

 

 

 

 

ジークの回想再び

 

 

今月はジークが雷槍の爆発で死を覚悟し、過去を振り返るところから始まった。

 

クサヴァーから始祖の「不戦の契り」を突破する方法を聞いたジーク。

アルミンの推測通り、始祖の力の決定権はあくまでも始祖が握るらしい。

王家の血を引くジークはただの鍵で、すべてはエレン次第であることが確定したわけだ。

 

その後ジークは獣を継承し、マーレの命に従って他国を蹂躙中にイェレナと出会う。

そしてジークはライナー達から始祖の保有者=エレンの存在の報告を受けて愕然とする。

 

父親が進撃の巨人を使って始祖の力を奪い、自分を息子に食わせた。

そして無垢巨人の母さんと接触し、一度だけ「始祖の座標」を開いた。

 

という超推理ですぐに理解したジーク。

 

何よりもショックだったのが、自分と同じ目に遭っているであろう弟の存在だったのかもしれない。

まぁ、エレンは同じ目に遭ってないし、ジークとエレンは根本的に違うけどな。

 

それで「いつかお前を救い出してやるからな」に繋がるわけだ。

エレンからするとかなり唐突だけど、エレンの前ではジークはいつも本音だったらしい。

 

 

 

兄弟水入らず

 

 

レベリオでの兄弟の会話は興味深かった。

 

エレンは表情のない顔で父親であるグリシャを否定し、エルディア人が生まれることを悲観した。

「生まれてこないこと。これ以上の救済はない」

 

でも続けてこうも言った。

「オレはやる。オレの手で巨人に支配された二千年の歴史にケリをつける。」

「その日を迎えるまで進み続ける」

 

これがいつものエレンの言葉だと思った。

巨人に支配される世界から自由を取り戻すといういつものエレン。

こっちが本音ではないか?

今はジークを騙し利用しようとしているだけ、そう思う。

 

そもそも勲章授与式でヒストリアの手にキスをした時に見た記憶が違う。

あの時蘇ったのはレイス家の子供たちの惨殺シーンではなく、グリシャの必死の問いに対してのフリーダの言葉を聞いた記憶だった。

 

 

90話より

f:id:komamet:20190309152409j:image 

 f:id:komamet:20190309152418j:image

エレンのこの衝撃具合、この時のフリーダの返答がずっと気になっている。

壁内人類を否定する言葉だろうけど、エレンによって明かされる日が来るのが楽しみ。

 

 

 

自由を取り戻すためなら、仲間が犠牲になっても前に進む。

悲しいけれど、これがエレンたち調査兵団のやり方だった。

 

 

奇跡のジー

 

 

 そしてとんでもない奇跡が起こる。

 

予想よりも瀕死のジークの元に巨人が近づいてきて、おもむろに自分のお腹を裂いて中にジークを入れた。

もうこの時にはジークの生命は消えかかっていた。

しかし再びジークが姿を現した時には、びっくり仰天、五体満足で完全復活!

やたら「キレイなジーク」に戻ってた。

しかもフルヌード。いやー萌えんわ。

 

 

なんじゃありゃ?あの反則技。

ポッカーンですよ。

もちろんジークは絶対死なない思ってた。

でもこんな幻想的な形で生まれ直してくるとかほんと予想外。

しかし痛そうな帝王切開でした。

 

 

ジークによると、

知らない場所で知らない女の子(ユミル・フリッツか?)がやってきて土を捏ねて欠損している体を作ってくれたらしい。

そしてジークは「道」を見たらしい。

 

 

「道」ね。

すべてのユミルの民は「道」で繋がっている件ね。

通常、巨人化する時も「道」を通じて血や肉や骨が送られるんだから、体が超回復するのもなんやかんやで「道」を通じて可能、ということか。

なるほど。

急にファンタジーかよ。

 

とりあえず巨人側はもう何でもあり、という認識でいいんですね。

 

 

イェレナによる支配

 

 

イェレナとピクシスの形勢が逆転する。

イェレナたち義勇兵によりシガンシナ区に全兵士を集めたそうだ。

義勇兵が兵団組織を完全に支配し始める。

そして兵士を奴隷のように色で識別を始める。

 

・イェーガー派は白い布

・ワイン飲んだけどイェーガー派に付くのは赤い布

・ワイン飲んだけどイェーガー派に付かないのは黒い布

 

を腕に巻きつける。

兵士の中にはワインを飲んでいない人もいたけど、それは少数なんだろうか。

 

ピクシス司令はこのまま巨人化させられて退場するのか?

イェレナはもうジーク狂信者であることを隠そうともしない。

 

そしてこれでシガンシナ区にジークの巨人となる兵士が集結したことになる。

ジークにとってこれは脅しではなくて、ただ普通に使う予定のある駒に過ぎない。もう30人の兵士を巨人化させたということはまたサラッとここでもやる。

ああ、恐ろしや。

 

 

リヴァイ?

 

 

ハンジを連れたフロックたちがジークの元へ向かう途中、雷槍の爆発音が聞こえてくる。

音のする方へ向かうとハンジが川のそばに横たわる人影を見つけた。

 

f:id:komamet:20190311172521j:image

血まみれのリヴァイだった。

 

 

 

114話の最後を見る限り、あの軌道では川に落ちるのは確実。

川岸にうつ伏せの状態でいたということはその後自力で這い上がったと思われる。

 

真っ先にハンジに見つけてもらえたのは良かった。

リヴァイにとどめを刺そうするイェーガー派(コノヤロウ誰だお前)と訝しむフロックに「死んでるよ」とハンジは冷静に言った。

そして隙を見てハンジはリヴァイを抱えて川に飛び込む。

 

 

ここで

おや?!

と思った。

 

ハンジが危険を冒してまで死体を抱えて川に飛び込むとは思えないので、これで一気にリヴァイ生存率が高まった。

しかしねぇ…。

 

 

目耳鼻口からは出血があり、右耳の下から顎にかけてと右目から口元までザックリと切れ、右手の指がブレードと一緒にちぎれている上に両腕は確認出来ず。

ただ両足だけは確認でき、上半身からの出血も見当たらなかった。

早バレで見た画像はこの血まみれの姿だけだったので、完全に死んだと思った。

 

 

この後リヴァイの過去編が入ってくる流れか?

イサヤマ先生はリヴァイの過去を描きたい、とどこかで言っていた。

「いつやるの?今でしょ」でしょ。

 

 

しかしフロックよ。おまえこそ…悪魔か。

一番の脅威であるリヴァイを殺すつもりだったのなら、ハンジも用が済んだら殺されてたかもしれない。

あの30人の兵士の巨人化を事前に知っていたフロックならやりかねない。

 

フロックはフロックなりにエルヴィンのようになりたいのかもしれないけど、彼は決してエルヴィンにはなれないことを早く気付くべきだ。

ハンジに逃げられた時に「あ!?」と驚いてるようではまだまだだな。

 

 

エレンとガビとピーク

 

 

エレン、ガチャっとドアから登場。

ガビに「ファルコを助けたければ協力しろ」と言う。

無線でパラディ島に潜伏しているマーレ戦士に助けを求めろ、と。

 

 

・・・一体どういうこと?

マーレ戦士を集めて早く捕食したいの?それとも仲間にしたいの?

本当にファルコを助ける気?

それにしても「サシャを殺したガキ」まで助ける義理はエレンにはないよね。

 

そう言ってるそばからエレンはピークに銃を向けられていたが。

 

エレンよかったね。もうマーレの戦士来てた。

 

ピークはもちろん銃でエレンを脅せると思ってないと思うので、何らかの交渉に来たんだろう。

 

ピークってエレンとジークが初めて顔を合わせた時にその場に居合わせた唯一の人だからエレンの顔は知ってるはずのに、

 

「君がエレン・イェーガー」

「で・・・合ってる・・・よね?」

 

なぜ確認したんだー!

これからエレンとピークの会話がどうなるのか全く読めない。

 

 

予想してみる

 

 

いやぁ予想できませんよ、これは。

 

先月は

兵長は案外平気かも。エレンのターンがくる」

って書いたんです。

 

 

全然合ってない。エレンは出てきたけど、そうじゃない。

どっちかというとまたジークのターンでした。

 

 

もう全然分からないので、とりあえず好き勝手に予想=妄想してみる。

 

・エレンとピークが取引をしてマーレが一時イェーガー派に加わる

 

・エレンとジークが再会する

 

ジークが叫んで兵士たちを巨人化させる

もしかしたらジークには巨人化範囲が選択可能でファルコだけは免れたりするかも

 

・混乱に乗じて104期がガビとブラウス一家を連れて脱獄する

 

・ハンジがリヴァイを看取る

 

・次回、地ならし発動するよ的な流れ??

 

 

自分で書いておきながら非常にムナクソ悪い。

「こんな進撃の巨人だったら嫌」シリーズのようだ。

もうこんな風に予防線を張っておかないと来月もダメージがすごそうで。

 

 

浅はかな希望を入れるなら、

 

・ピークらマーレ戦士は104期と一時手を組む

 

・ハンジはリヴァイを連れて安全圏に逃げ切る

 

とかかな。

まだまだ絶望させられそうなので、こうだといいなという超個人的な希望です。

 

 

 

 

早バレを見ない為には別マガ発売日の2、3日前からネット断ちしないとダメなんだろう。

情報が溢れすぎている。

 

進撃の巨人の3期後半のこと

アニメ進撃の巨人Season3後半の初回放送日がアナウンスされたけど、かなり焦らされてる感がある。

 

 

 

だって春アニメだっていってんのに4月28日スタートって・・・。

 

おっそ!

 

しかもこのキービジュアル通りならば、50話から59話でエレンたちはかくかくしかじか「海まで」いくらしい。



濃いストーリーなのに、みじかっ!

 

って一瞬思ったけど、放送スケジュール的には妥当な話数だな。
全10話……。落ち着け、私。
でも本当なら24話くらいかけて見たいよ。


せっかくアニメ化するんだからホントお願いしますね、シリーズ構成の小林靖子さん!

 

でもまぁ、Season3のPart.1に関しては個人的には改変やカットされて悲しかった部分※もあったけど、他の部分で充分満足感は得られたのでプラマイゼロどころかプラスプラスだった。


※個人的なワガママをいうとリヴァイがヒストリアを締め上げるシーンは見たかったー。戦闘中以外でこんなに怒鳴るリヴァイはこの時だけ?

 

後半のPart.2では戦闘もたくさんあるだろうし、いろいろと期待出来そう。


話数もあまりないので、原作のようにあっちこっちとあまり場面転換せずに戦い自体はサクサク進んでいくのかな。


何がカットされてもいいので、肝心なところを丁寧に描き切ってくれさえすればそれでいい。

 

49話のエンディングでチラ見せされたリヴァイがエレンを殴り、ミカサがリヴァイを押し倒すシーンあたりとかさ。

あそこを予告で出してくるところ見ると、やはりあの辺りが今期のメインか。

どうひっくり返って考えてもそうなってくるけども。

 

辛いから見たくないけどめちゃくちゃ見たい、という相反するこの気持ち。複雑。

たぶん原作既読済みの人は大体そうだと思う。

 

いろんな意味で楽しみな4月28日です。